競走部監督ブログ 

明治大学体育会競走部監督園原健弘のブログ

MENU

関東インカレ1部復帰出来ました。ご声援有難うございました。

この緊急事態宣言下、第100回関東インカレが5月20日~23日の4日間、相模原市において開催されました。まずは開催にご尽力、ご協力、ご支援、ご理解頂いた皆様に心より御礼申し上げます。

 

この4日間、全国各地で応援頂いたOB、OG、校友、学生、ファンの皆様、有難うございました。SNSやメールなどで皆様の想いはしっかり受け止めております。大きな力になりました。

 

みなさまのご声援のおかげもあり2部で総合2位にとなり1部復帰を果たすことが出来ました。

f:id:meijikyousou:20210524064606j:plain

f:id:meijikyousou:20210524062813j:plain

 

f:id:meijikyousou:20210524062818j:plain

 

明治で陸上競技をやっていた者には2部落ちはあり得ないことですので、本当にOB/OGの皆様、学生、ファンの皆様には申し訳ない気持ちでおりました。申し訳ないと言っても胸は張っておりましたが、ずっと心に棘のような物が刺さっておりました。

 

一昨年2部落ちしてから、グランドには2部の総合成績表や入賞レベル表が貼ってあり、「総合で90点とらないと1部復帰は出来ないな~!」と全部員認識はしておりました。

ザクっと、短距離で50点、長距離で20点、競歩で20点というイメージは持っておりましたが、当初は全く現実的な数字にはならず、多くの皆様から「1部にはしばらく上がれないね~!」などと言われておりました。

結果をみると、短距離56点 長距離21点 競歩18点で100%の出来でした。

90点取って1部に上がれなければしょうがない!というチーム力です。

 

戦前は1500Mの佐久間の故障欠場もあり、レベルの高い2部の長距離でここまで得点を積み上げることが出来るとは思っていなかったので、短距離がいかに+αを出してくれるかとう思いで臨んだ大会でした。

 

事前の明スポの出場メンバーインタビューを読んで、各人が現在のチーム状況を理解して、こちらが思っている以上に「自覚と責任」を持ってこの大会に臨んでくれていたので、どんな結果でも受け止められる状況でした。特にこのコロナ禍では結果優先で何をしても良いという状況ではないので「あり方や振舞い方、何をするべきなのか、何が出来るのか!」をそれぞれがしっかり考えていてくれました。

 

初日にいきなり、苦戦が予想されていたハーフマラソンで小澤が5位入賞、丸山、漆畑も入賞こそならなかったもののしっかり走ってくれたのがチームに勢いをつけてくれました。

 

個別の戦評はまた少しづつアップ出来ればと思いますが、特筆したいのは、村松(200M)、堀田(800M)、佐藤、鈴木(三段跳び)の入賞です。彼らはスポーツ推薦でなく一般からの入部で活躍してくれた選手です。堀田は村松が体同連からスカウトしてきてくれて昨年から競走部に加わってくれたメンバーです。ちなみに高校時代は競歩選手でした。

石川主将はじめ今の4年生が1部に上がるためにはどうしたら良いかと、精神論ではなく具体的に行動してくれたことに感謝を通り越して、敬意です。昨日ホテルから競技場に向かう車の中で村松にはその話しはしました。「本当に君たちがいなかったらここまでこれなかった。」と。

得点表をみると全ての得点が昇格に寄与しています。それぞれが貴重な1点です。みんなよくやってくれた。

 

競走部はこの後、個人レベルの戦いと最大目標である駅伝への強化となります。

聖人、手嶋の走りを見て、今年は勝ち切るということにしっかりこだわって勝負強さが出ていると思います。駒沢には先着されましたが、聖人は対校戦の戦いの走り(早い段階で入賞を確定させるために自らペースを作りました)に徹し、いいペースメーカーにされました。個人の勝負に拘れば勝てたと思います。

 

昨日4日ぶりに自宅に帰って家人に「明治1部復帰できたよ。」と話すと、「明治2部だったの?だっせー!」と言われ、その通り!と納得。喜ぶような結果ではなく当然の結果だと冷静になりました。

 

毎朝6時から競技場に詰めてくれたマネージャー陣、石川主将のチームをまとめる力、出場できないからと腐ったり、斜に構える(私が一番嫌いなこと)ようなメンバーなくチーム一丸となって取り組んでくれてことが一番嬉しいことです。学生やスタッフが一生懸命取り組んで求める結果が出たということが嬉しさに拍車をかけます。更に昨日は多くの皆様からラインを頂き、一緒に喜んで頂いている様子をお聞きして、嬉しさも倍増します。結果は大事です。

 

すでに、昨日から1部残留に向けて動いております。

タカヒロコーチと「今年は何点で残留?」「20点ですかね~!?」と会話しただけですが。

 

 

また、こうした競技会で各大学のコーチ・監督と色々お話しさせてもらい、私のライフワークである競歩の大学レベルでの普及、強化の話しもさせてもらいました。今回ライバルで最後まで激しく争った大東文化大学のスタッフとサブトラックで、「競歩の選手取ってくださいよ。」とお願いしたところ、翌日にTwitterで来期より「競歩ブロック作ります。」と。このコロナ禍ですが、リアルの場があることは本当に有難いことです。ちょっとした雑談や立ち話し、不要不急の中に大きく発展するヒントやきっかけがあるとつくづく思います。

 

関東学連が相当厳しい感染対策で運営してくれました。無観客、スタッフも人数制限、入場時の検温、健康管理チェック。昨日は暑かったので入り口で体温チェックに引っかかる選手が続出でした。駅から歩いて来たり、厚着してたり、直前に食事したりしているとすぐに規定体温にひっかかります。実は聖人も昨日はひっかかり、入場するまでに時間がかりましたが、こうしたハプニングや想定外のことにも対応できる強さも頼もしく見えました。2部から1部への復帰という挑戦で学生たちが大きく成長してくれたのを肌で感じた4日間でした。

 

多くの皆様のご声援は本当に励みに、力になりました。有難うございました。

引き続きがんばります。

 

 

 

 

 

2020年度明治大学卒業式 競走部員へ贈る言葉

本日3月26日(金)明治大学の卒業式

競走部員も出席する者、しない者、それぞれの卒業式となりますが、制限された形ですが開催されることは喜ばしいことです。

 

事前の予定では競走部の大保がスポーツ表彰時において代表して登壇する予定でしたが、規模が縮小され中止。

佑樹駅伝監督に司会者に読んでもらうプロフィール紹介も作ってもらって提出したのですが、お蔵入りになったのでここでご披露!

 

『大保さんは、体育会競走部に所属し、長距離・駅伝選手として活躍されました。4年時には全日本大学駅伝3位に貢献、箱根駅伝では区間賞を獲得。記録も歴代2位の好記録でした。大保さんの益々の活躍に期待します。』

f:id:meijikyousou:20210326085158j:plain

f:id:meijikyousou:20210326093003j:plain

 

本来、卒業式の前日に行う、競走部の歓送迎会は今年も中止にしました。

卒業生、新入生、新入生の保護者の皆様のそれぞれの門出を一緒にお祝い出来ず残念です。申し訳ありません。

 

【卒業生へ贈る言葉】をここで書きたいと思います。

大学HPやyoutubeなどで素晴らしい皆様が、贈る言葉を沢山述べてるので、是非しっかり読んだり、見たり聴いたりしてほしいと思います。

その方たちのように、高尚なことは言えませんが、私の経験などから少し思いを綴らせてください。

 

明治大学の卒業、競走部の卒業、本当におめでとう。

この1年は歴史上でみても、もちろん皆さんの生きてきた人生の中で、最も過酷で制限された1年間だったと思います。

自由に動けない、目標としていたことがなくなる、先の見通しが立たない。不安感や抑圧感、喪失感、平時では時としてしか感じない感情がベースとなって支配し続けた一年だったと思います。

 

この苦しい中、良く頑張った、この困難を乗り越えたから君たちの前途は洋々だ!なんて言うつもりは全くありません。(よく頑張ったけどな。本当に!)

 

社会に出たら、もっともっと色々な困難な状況にぶち当たると思います。はっきり言えば競技の世界の方が相当楽です。

 

思い描いた通りに行かないのが普通です。夢と現実の狭間でいつも選択を求められる事になります。競技での失敗なんか大したことなかったと実感することになるでしょう。君たちの保護者の皆さんが、我々をご支援してくれている皆さんが、どんなに頑張って生きているかを実感することになるでしょう。

 

社会に出て、やっばりこの道は違うと修正することも、こんなもんか!?と妥協することもあるでしょう。

そんな困難に状況になっても、驚かないでください、落胆しないでください、悲観的にならないでください、「きたきた!こうなることもあるよな。」と前向きに捉えてください。逃げないでください。

もし自分のミスでそんな状況を招いたのなら、ミスを認めて謝罪してください、自分の力不足ならプライドを捨てて謙虚になって力をつけてください。

逃げたり、他者のせいにしてうまくいくことはありません。「何があっても逃げない」。その方が結果的に早く目的地にたどり着けるし、楽だよ。

変なプライドがあったり、明治という肩書や、競走部、箱根に出た、とかオリンピックに出たとか。力にもなるけど足かせにもなるからね!

 

「前へ」明治大学のスローガンです。

学長も、理事長も贈る言葉の中で使っています。私なりに具体的にアドバイスします。

「挑戦してみれば!」「失敗したっていいじゃん!」「逃げないよ!」

ファストリの柳井さんの1勝9負

秋元康さんだってヒット曲の裏に何千のボツ曲

落合陽一さんかyoutubeで言ってた論文を何本だしたか

 

みんな失敗しながら成功していきます。

 

このコロナ禍でどんどん新しい価値観や生活スタイルが出てくるでしょう!人生の成功のロールモデルは沢山あります。

狭い世界の価値観や同調圧力の中で生きていってもいいし、羽ばたいてもいいと、思います。

ただ、多様な価値観や大きな世界があることだけは知ってください。その上で選択してほしいと、思っています。

 

体育会や競技スポーツの世界は割りと狭い価値観や世界に閉じ込めがちです。そんな中でも我が競走部は広く世界を見せて来たつもりですが、どうだったでしょうか?

 

卒業してしばらくは、自分の生活の基盤を作るのに必死で、競走部のことなんか忘れるてしまうこともあるでしょう。会費が払えなくて敷居が高くなって、自分のキャリアから消してしまうこともあるかもしれません。それでも我々は応援してるよ、いつ戻ってきてもいいように低く広く開けてるから、いつでも八幡山に来てください。

 

正月の箱根駅伝や、インカレや日本選手権での後輩たちの頑張りには君たちの大きな力があったことを実感させる事が出来るように頑張ります。

 

贈る言葉が楽観的でなくてすまん。一緒に頑張ろう!

 

 

 

 

短距離ブロックは今年は合宿が1回も出来ず、春合宿も八幡山での通い強化練習に。

その時に卒業生が集まってくれて、外でお弁当食べながらのお別れ会。

f:id:meijikyousou:20210304151513j:plain

f:id:meijikyousou:20210304151552j:plain

 

スポーツの価値?日本選手権20KM競歩:競歩に何を求める?

久々の更新となります。

2月21日(日)神戸六甲アイランドにて第104回日本選手権20KM競歩大会が開催されました。結果は以下の通り

 

古賀友太 1:21:55 9位

濱西諒  1:22:34 10位 自己ベスト

村尾宥稀 1:24:41 16位

 

 

目標には少し届かない成績。

優勝した山西選手は世界チャンピオン、2位に高橋、3位の池田と、現在の世界1,2,3位と言える選手達です。

古賀の目標としてはこの一角を崩しての3位以内。スタート直後から先頭集団を4人で形成してレースは進めましたが、力及ばず上位3名との力の差を見せつけられました。

濱西はやっと20Kmのレースをまともに歩けたレース、合格点。

村尾は学生最後のレース、試行錯誤を繰り返した4年間、よく頑張った。

それぞれ反省点、課題を明確にして、次に向けて動き出しております。

f:id:meijikyousou:20210225085856j:plain

 

リアルで会う事は大切です。生でしか感じられない事。雑談の中で出てくる貴重な情報、本音。

先般の森さんの発言やその後の新組織委員長人事など流れを見たり、現場で色々な方とお話しさせて頂く中で、スポーツの価値は?競歩とは?みたいな事をうわべではなく真剣に考えだしました(今までも考えておりましたが)。

 

日本競歩、世界でNo1~No3の力がありながらも、その価値が認められない。認められないという言い方をもっと簡単に言うと、人気がない。実力は認めてはいるけど、興味がない、見たくない。あるマスコミの重鎮が「競歩の記事はアクセスが少ないんですよね。こんなに強いのに。」と。

 

現代のスポーツは「見てくれる事」が大切。やることよりも見ていて楽しい。見ていて興奮する。見ていて心地よく感じる。共感して応援出来る。この価値を高める努力を競歩界はしてこなかった。強くなれば見てくれる、人気が出る。と。

三浦コーチが「政治家さんの後ろにくっついて成長して来た経緯もあって、内側にいる私たちが外側の人たちを巻き込んでいく力をつけてこなかったところもあります。」と語っていました。内と外、両方の立場にいた私は本当に恥ずかしながら「その通り!」と。強化のみが種目繁栄の必要十分条件と思っていましたから。

 

競歩は イタリア、スペインなどのヨーロッパ勢が弱体化するとともに種目の存続も危ういような状況で、種目の距離変更も決まりました。テレビ的には2時間程度で終わる。男女同じ種目が並び立つ。がオリンピック種目としては必須。

 

競歩発生の起源は諸説ありますが、軍事教練の一環で発展したとも言われています。また車などがない時は長い距離を日常的に自分の脚で歩いて移動するニーズは非常に多く、特には伝令のような通信機能を人間の移動によって得ていた時代には、とても重要な資質と評価されていたのでしょう。

オリンピックでもマラソンより長い最長の距離(50Km)を競うことに意味があると、個人的には思っておりましたが、パリ五輪からは35Kmになりそう。

こうなると競技そのものの起源からの価値ではなく、必須である「見られる種目としての価値」、プラスαを提示しないと、生き残れそうもありません。

 

視点を少し拡大すると、学校の部活や大学体育会もスポーツ(自主的・遊戯性が大切)というより、集団的規律を求められたり、矛盾や理不尽を飲み込んで指導者(リーダー)の言う通りに動く人間の養成所としての機能が大きかったでしょう。まさに構想と行動の分離を求められた中で日本のスポーツは発展してきた歴史があります。

 

その過去は否定するものではなく、高度経済成長期は、とにかく何も考えずリーダーの言う通りに動け!が求められ、その通りに動いていれば自分の生活も良くなり、経済や社会も発展してきたのでしょう。その時代の忠誠的な行動が大きく評価される時代でした。そんな人材を作るのに体育やスポーツは使われていたことは事実でしょう。そしてその時代では非難されるようなものではなく、とても崇高で素晴らしいプログラムであると評価されていたと思います。

 

そんな考えや行動は我々の中にまだまだ残っています。残っているというより、圧倒的価値観としてまだ存在しています。ただ、今はこれじゃない!と分かっていても実際に行動出来る人、無意識に行動してしまう人。がいます。

下の写真は、練習後の古賀と私の会話している風景です。説教している訳ではありませんが、こんな感じです。現実はこの写真のイメージではなく、フラットな組織と思っていますが、お互いに染み付いている部分はあります。ただ個人的には「いつも上から目線だよね。」とは言われますが。

現役の時にメキシコで合宿していると、メキシコ人が我々がコーチに直立不動で指示を受けている姿を見て、面白おかしくマネして来ました。彼らには違和感があったのでしょう。

f:id:meijikyousou:20210226124149j:plain

 

これは、体育会のみならず日本の社会全体を無意識に覆っていると思います。

先般の森さんの発言やその後の組織委員長人事などもまだまだその名残があると思います。狭い組織や価値観の中でNO1になることだけではなく、多方面での経験や実力があり、多くの価値観の存在を知って、今何を選択するべきなのかを持った人。が必要とされる時代でしょう。

 

 

スポーツの価値

 

「我々の頑張る姿を見せてみんなを勇気付けたい、元気を与えたい。」などと偉そうに言ってきましたが、実は勇気や元気をもらっているのは我々の方で、なかなか「本質的にこれだ!」という価値を見出せないでいます。

 

ひとつは映画やドラマ、舞台のような、非日常を感じさせるようなコンテンツを提供すること。価値観が多様化する中で、出身地域や所属で連携意識が結ばれ連帯感や共感が生まれること。このくらいは想像できます。

 

さて競歩は?

オリンピックレベルになれば「日本」というくくりで興味も出るでしょうが、平時ではどうやって価値を創造するのか。健康、地域作り、この辺りで何か価値を創造出来ないか、三浦コーチと模索し始めました。

 

箱根駅伝という圧倒的な成功事例に近くで関わりながら、その成功をなかなか他に転用出来ていない現実。明治大学体育会競走部は総合陸上競技の中で箱根駅伝を捉え、

豪副監督も、佑樹駅伝監督も、駅伝の強さで競走部全体を底上げしたいという強い意識を持っています。今年度はこのコロナ禍の中で「スポーツの価値」存在意義などが問われて一年でした。

 

とてもいい環境とスタッフ、選手、関係者に恵まれているの色々考えて動いて行きます。

 

 

 

箱根駅伝ご声援有難うございました。

2日間の箱根駅伝への応援有難うございました。

皆様のご期待にお応えすることが出来ず本当に申し訳ございませんでした。

 

一夜明けてTVをつけたり、ネットを見れば箱根駅伝の話題が目に飛び込んできて、悔しさが一層つのります。応援して頂いた皆様もまさにそんな気持ちで残念を通り越してお怒りの気持ちにもなっていることは重々承知しております。

 

学生スポーツとはいえ、スポンサー様、学校からの支援、ご寄付など頂いておりますので、結果が求められる世界です。「がんばったからいいいや。」ではすまされません。結果が出なければ責任の所在は明確にして、次に進まないといけません。今回の結果の責任は全て私にあります。スタッフ、選手は本当によくやってくれました。本当にです。今回の結果で彼らへの信頼が揺らぐことは1mmもありません。

 

とここまで書くと、「お前やめるのね!」と期待した方もいるとおもいますが、この結果に対する責任は箱根優勝という結果で取らさせて頂きます。

 

そのためには、今回の結果をしっかり受け止めることが大切です。受け止めた上でなぜこうなったのかをしっかり分析して改善していきます。

 

走った選手にもインタビュー、挨拶させました。調子のよい時だけ、うまくいっている時だけ、表に出るのではなく、困難な状況の時こそ、表に出て自分の言葉で今の気持ちや状況をしっかり伝えてほしいと思いました。

 

昨日YOUTUBEでライブ報告会の直前、女子マネージャーが「チャットが荒れてます。」と心配そうに言ってきました。選手も見ていたと思います。

 

そりゃそうだろう。

 

20歳前後の学生にはきつい言葉もありますが、我々は期待を裏切った、恥をかいた、でも悪い事をしたわけでない、後ろ指をさされるようなことをしたわけでない。

「胸を張って挨拶しよう。」

 

是非YOUTUBE報告会を見てください。みんなしっかり挨拶しています。

 

本当に悔しいです。その悔しさをしっかり感じて受け止めることが次の成功の大きなポイントだと思っています。

 

我々の目的は競技でいい成績を残すことだけでなく、これから今回以上の荒波がある人生でしっかり生きていく力をつけることだと思います。そんないいトレーニングをさせてもらえたな。彼らの挨拶を聞いてそう思いました。

前述したように、スタッフ、選手への信頼が揺らがないのは、悪い結果が出た時の態度です。しっかり受け止めています。裏側の全体ミーティングで佑樹駅伝監督が走れなかった4年生への思いを口にした時、言葉に詰まったあの瞬間。チームがまたより強固に結ばれました。

 

ピンチはチャンス。何度転んでも立ち上がります。ただ立ち上がるには、手を膝に着けるくらいの、地面に床に手を着けるくらいの体力がないと立ち上げれなくなります。

行きすぎたら、私は守ります。

 

本当に有難うございました。頑張ります。


「復路を応援しよう。頑張れ明治!みんなで頑張ろう!ライブ中継」第二部 Supported by 明治大学父母会

1部ではそれぞれの選手のインタビューがより細かく紹介されております。

f:id:meijikyousou:20210104084052j:plain

 

箱根駅伝 往路応援有難うございました。

箱根駅伝往路ご声援有難うございました。

ZOOMで紫交会、校友会、学校関係者、父母会の皆様と一緒に観戦しました。

14位という結果でした。皆様の期待に応えられない結果に身が引き締まります。

悪い流れの連鎖が増幅されてしまいました。

明日に引きずらないようにしっかり切り替えていきます。

 

明日はYOUTUBEライブ配信もあります。引き続きご声援の程よろしくお願いいたします。

youtu.be


「復路を応援しよう。頑張れ明治!みんなで頑張ろう!ライブ中継」第二部 Supported by 明治大学父母会

 

 

新年明けましておめでとうございます。心技体の充実を!

2021年 あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

出来るだけこのブログでは光が当たらない部分にも光を当ててて、皆様にも情報提供できればと思っております。

 

競走部は神宮外苑絵画館周回コースでの元旦競歩からスタートしました。明日は箱根駅伝です。

 

2021年の初日は気持ちの良い朝でした。穏やかな1年になってほしい!無事オリンピックも開催できるような状況になってほしい!それが強い思いです。オリンピックスタジアムに見守られながら、4年の村尾、2年の濱西が無事にゴール。まずまずの内容でした。特に村尾はいいレースでした。濱西もあと一歩。

 

パフォーマンスを支えるのは心ということを、チームや社会を支えるのも心ということを学んだ2020でした。様々な情報に踊らされ、何が真実かもわからない中で過ごした2020年。どう振舞うか、どうあるべきかを問われた1年だったような気がします。同調するべき部分と進むべき部分をどう見極めるか。

 

心技体。

心を創り、技術を育てて、最後に体力。そんな基本的な言葉が浮かぶ一年でした。

 

 

技術もないのに体力だけ求めるトレーニングしてもパフォーマンスは上がらない。

心が作れていないと技術習得もできない。時間を要する技術習得にじっくり向き合えず、情報に右往左往させられ振り回されているだけの時間が過ぎてしまいます。

心なく体力(金や組織力)つけたら何かやらかしてしまうかもしれません。

 

2020は心を創るのにいい時間だったと思います。競走部のスタッフがすごいのは技術を教える力は日本でもトップクラスと思っていましたが、実はそれ以上に心を共創していく力がとても優れていると知ることが出来ました。(まあ私が一番古典的で寄り添うなどということができませんかね。)日常がいかに多くの人に支えられて動いていたのか、自分は何が出来るのか!何故そこにこだわって生きているのか?そんなことをそれぞれ考える時間は十分あったのでは。

 

競走部の4年間でこの心の土台をしっかり創りあげる時間ななんだと思います。4年の村尾がしっかり予定通りのペースで歩き切りました。箱根駅伝も4年生がしっかり走ってほしい。

 

今年の夏には、オリンピックが開催できるような社会状況になることを願うばかりの2021の幕開けです。

 

写真はいつもお世話になり続けている飯田貴紀さんが撮影してくれました。今年もよろしくお願いたします。

f:id:meijikyousou:20210101192854j:plain

f:id:meijikyousou:20210101193319j:plain

f:id:meijikyousou:20210101193335j:plain



元旦競歩からスタートです。

大注目の箱根駅伝の陰に隠れてますが、短距離ブロック、競歩ブロックも頑張っております。短距離ブロックは、26日に年内のトレーニングを打ち上げて解散しております。

競歩ブロックは元旦競歩、2月の日本選手権(神戸)、3月の能美の学生選手権と今がトレーニングの最重要期。

www.jaaf.or.jp

元旦競歩には村尾(4年)と濱西(2年)が出場します。

2月の神戸の日本選手権直後の2月末から活動自粛状態になり、初めて経験した活動制限状態の一年。コロナ禍で東京オリンピックも延期になり、考えられないような事態の一年でした。改めて、健康の大切さ、日常生活の尊さを再認識した一年でした。

 

2月以降は体調が少しでも変調を訴えたら、すぐに隔離したり過剰なくらいに対応し神経を使った一年でした。選手も自分だけでなく周りにも迷惑をかけることを自覚し、しっかり自制しここまでよくやってくれました。

この年末年始の解散中も学生の保護者が医療従事者の方は、「帰ってくるな!」とお達しがあるようで、本日も短距離選手がグランドで練習しておりました。

改めて、親も子も淋しい年末年始だな~!と。来年は帰れるような1年になるように。

 

2021年は元旦競歩からスタート!こんな状況でも良く頑張った選手達、そして開催してくれる東京陸上競技協会の皆様。敬意しかありません。

選手にも感謝、協会にも感謝です。

 

八幡山は元旦競歩と箱根の最終調整で活気が溢れておりました。

f:id:meijikyousou:20201230142741j:image

濱西(2年)のトレーニング風景