競走部監督ブログ 

明治大学体育会競走部監督園原健弘のブログ

MENU

全日本インカレご報告:感謝感謝感謝です。

このタイミングで学生陸上界が動き出したのは本当に喜ばしいことです。

もちろん喜んでんない人(批判的)がいるのも承知しております。

以前から感じている事ですが、日本においてのリスク管理の仕方が、非常に短絡的、安易な方向に流される傾向があると思っています。

 

100万分の1でもリスクがあれば中止。→例えば、学校でプールの飛び込み禁止とか。レバ刺し禁止とか。

 

一番低いところに全体のフォーミュラを合わせる。→例えば、健康つくり教室で怪我をしないように、強度の低いプログラムしか展開出来ない。

 

オプション的な責任権限以外の活動を認めない。→例えば、陸連の遠征でイタリアのレース(陸連派遣)に出たとする、ついでに個人でスペインのレースにも出たい。この場合イタリアから転戦でなく、一度日本に戻ってから行きなさいと言われる。(今はそんなことありません。)

<例えが上手くなくて、ちょっと心配ですが。>

 

今回は実態が見えない部分、多くの人の生死にかかわる部分がありますので慎重に再開は検討されるべきとは思いますが、リスクの管理をしっかりしながら開催に動き出したことは、学生にとっても、我々にとっても非常に大きな経験になると思います。

この経験を日本を元気にする原動力にもしてほしいと思います。

 

開催にあたっては各所で、義務が発生します。我々も8月28日~終了後2週間の体調チェックシートの記載。厳格なIDによる参加者管理、競技場への入場時の体温チェック。などなど。大学責任者としての出場者の体調管理を把握している旨の毎日の申告書提出。

 

今回は、日本学生連合の競技役員、新潟医療福祉大学、新潟国際情報大学、アルビレックス新潟の皆様の献身的なサポートにより開催に至りました。平時なら何も感じないであろう、こうしたサポートに、スポーツを、イベントを、支えてくれている人たちの存在の大きさを改めて感じました。

 

競技会は無観客だということを除けば、競技力面でも、運営面でも平時と全く変わらない素晴らしい競技会でした。

 

改めてこんな状況でもやるやつはしっかりやっている。

一部ではこんな状況でトレーニングを継続することに対する批判や公平性を欠くなどの意見もあります。

「こんな状況でも」とは、制限された中でも、出来る事を考え、やっているという意味です。今までと同じことをしていたわけではありません。トレーニング場所、時間、コーチングの問題、それぞれがクリアするべきことを考えに考え実行した結果です。思考停止状態にならず、最善の模索をあきらめない態度が大切と痛感しました。

 

明治大学においても、緊急事態宣言時は一旦解散状態にして、合宿所に残る人間、帰省する人間、それぞれの選択に任せました。基本は今もそのフォーマットです。強制力のない状態で活動は続けています。

 

そんな中、選手たちはしっかり結果も内容も見せてくれたのではないでしょうか。

 

対抗選手権なので個人の結果とともに総合成績も見る訳(戦前はそんな意識が働くとは思ってもみませんでしたが)ですが、終わってみれば総合15位、トラック部門9位となり選手たちの頑張りに感謝です。大学として学生陸上界の盛り上げに少なからず貢献出来たと嬉しく、また誇らしく思います。自分の大学、自分たちだけよければ良いという感覚でなく、全体の発展を考えて動いてくれるスタッフに感謝です。

 

個々の選手の戦評もしたいところですが、結果は競走部HPなどをご参照ください。

 

1年生で200Mに出場した、木村稜がしっかり自己ベストを出したのは称賛に値します。入学以降八幡山で黙々と頑張る姿、7月の終わりにはレポートを朝の5:00まで作成しながら文武両道で頑張っている姿も目にしていたので、結果が出て本当に良かった。しかしまだまだ上には上がいると叩きつけられもしました。

 

参加した全ての選手が結果以上のレースをしてくれたのが本当に嬉しく思います。

 

これも、豪副監督はじめ、コーチングスタッフ、坂井トレーナー、飯田主務の献身的なサポートの賜物です。本当に身を削るような半年を過ごしてくれているスタッフには感謝しかありません。

 

そして、多くのご支援、ご声援を頂く皆様のおかげです。目に見える大きな結果で恩返し出来るように頑張ります。引き続きよろしくお願いいたします。

 

 

f:id:meijikyousou:20200914165833j:plain

 

全日本インカレ参加!

全日本インカレ9月11日~13日開催されます。

開催までご尽力頂いた皆様へ感謝です。

 

厳しいオペレーション(事前の体調管理チェックシート、IDでの厳格な入場制限、ココアのインストール、一般の皆さまの観戦不可など)ですが、競技出来る喜びをみんなで感じ取ってこようと思います。

 

ターゲットナンバー制(参加者人数制限)での開催ですので、標準記録を突破していてエントリーしましたが、出場できなかった選手もいます。

5000M,10000Mはフルエントリーしましたが、全員出場は叶いませんでした。

 

また、ターゲットナンバーまで満たない種目もあり、大学によっては出場規制がかかっていたり、コロナ禍でコンディション整わずの状況が見えます。いずれにせよこの状況で開催出来る事に大きな意義があります。

 

我々も、大学への出場願いを出して、許可されての参加となります。

 

今シーズン我々の初戦となる大きな大会です、しっかり戦ってきます。

f:id:meijikyousou:20200910083146j:plain

 

【新生】You Tube 明治大学体育会競走部公式チャンネル

You Tube 明治大学体育会競走部公式チャンネル

f:id:meijikyousou:20200819200921j:plain

2月26日から自粛制限、4月から活動停止、6月から条件付き活動再開。

 

限られた八幡山の空間の中で、与えられた環境の中で,

日々頑張っている彼らの姿をご覧ください。

 

我々(競走部)以上に制限された一般学生の皆様、特に全くキャンパスライフを送れない新入生の皆様にエールを送りたいと思います。

 

「一緒に頑張りましょう!」

大学生の年代が一番制限されています。

競走部の現状をお伝えしたいのですが、SNS、HPでの情報の出し方に少しだけで制限をかけられています。原則体育会活動は活動停止状態を基本に、申請許可ベースで動かしている現状があります。夏季合宿についても情報発信は控えております。

 

みんな元気にやっております。

 

社会的にみても大学生の年代が一番行動制限かけられているのではないでしょうか!?

 

大学は4月以降、入構禁止、授業はリモート授業、テストに変わって多大なレポート提出。かなり心身を痛めつかれれている状態です。特に新入生は孤独と不安で相当なストレスを抱えていると、部長からも連絡ありました。

 

競走部は、合宿所生活で八幡山での活動は許可されていたので、新入生も先輩のアドバイスを受けながら、朝5時までレポートを提出し、その後練習に出てくる選手もいました。疲れてはいますが、競走部の練習と併せてメリハリのある生活を送れている方でしょう。

 

体育会の活動が、教育の現場に先立って動くことにすべての人が好意的に見てくれる訳ではありません。それは我々も選手もしっかり認識しています。選手は今の状況をしっかり理解して自己を律して八幡山でストイックな毎日を送っています。

 

そして、大学からの競走部への信頼感もしっかり受け止めています。今のスタッフがしっかり活動してくれている事、西SVが長年に渡って大学との信頼関係をつくりあげてくれたおかげで、ある程度の活動が許可されています。

 

大学生の年代だけが、学校にもいけずSTAYHOMEを余儀なくされている現実。本来であれば社会を先導するような動きを取るべき年代、機関ではないのかと考えつつ。

 

「競走部だけでも動かそう!」と思っても現実はそうはいきません。

 

それでも、競走部の活動が在校生や校友の皆様を元気付けられるような準備もしています。

 

競走部の三浦コーチと坂井トレーナーがトレーニングジャーナルで「エビデンスに基づく競歩レーニング」を執筆中です。自粛期間中に時間できたので、構想して出版社に営業して執筆してくれています。優秀な三浦コーチを明治大学だけでは独占できませんので、体系立ててまとめてくれています。明治からの恩返しとして、古賀が冬季トレーニングで取り組んだフィジカルトレーニングも坂井トレーナーがまとめてくれています。競歩関係者だけでなく、スポーツ指導者、愛好家にも共有頂ける内容です。

下の写真はサービスで(あまり出すと出版社にご迷惑がかかるので。)。

詳細はこちらへ → 

新連載『エビデンスに基づく競歩のトレーニング&コーチング-U18からマスターズまで-』(1/24回)

デジタル出版のみです。24回連載。

f:id:meijikyousou:20200815124828j:plain

 

出雲駅伝中止残念です。

出雲駅伝の中止が発表されました。

 

残念です。

頑張って来た選手が可哀そうとか、今までやって来たことが無駄になる、悔しい、というような感覚の残念さは後ろのほうです。

 

多くの皆さんが決断を下すまでになんとか開催の道を探ってくれていたと思います。悲しむ人が多数いるであろうことを承知の上での開催中止をせざるを得ないような今の状況に、残念です。

 

佑樹駅伝監督から「選手をしっかりフォローします。」とラインが来ました。

出雲は明治の距離という自負もあったし、1500Mの佐久間も自己新、櫛田も13分台でチームも上昇中なのでいい戦いが出来る、あわよくばという気持ちだったと思います。

 

事態をいつも淡々と受け止めるスタッフ、選手達なので大きな動揺もなく、ピンチはチャンス。大きな勉強の機会と捉えています。

 

社会の中で、駅伝が今必要なのか、駅伝によって、競技によって人々に何が与えられるのか、そんな事をしっかり考えてくれています。

 

選手には出場できなかったことが今後の人生にとってプラスになるように転換してもらいます。

 

スポーツは、「する人、観る人、支える人」で成り立ちます。

する人が目立つので「する人の大会」と思われがちですが、多くの支えがあって成り立ちます。

 

支える人や観てくれる人、そしてステークホルダーの皆様(今回は富士通出雲市が大?)がそれぞれ心地よく取り組める条件が揃わなければ開催は難しいでしょうね。

 

「こんな時に大会やりやがって!」という声を「頑張ってるな~!俺も、私も頑張るぞ~」に変えられると思っておりましたが。

 

私のポジションにいるとスポーツ好き、駅伝ファン、陸上ファンの皆様のお声が良く届くので、偏っているかもしれませんが、この大変な状況の中で、選手達の頑張りが、皆様の日常に楽しみや元気、勇気を与えられるような気がしておりました。そんな事が出来なくなることがもう一つの残念です。

 

支えて頂く皆さまのリスクを取り除くには時間が足らなかったですね。特に陸上競技の審判や補助員、観察員をしてくれる皆様は60歳以上の方が多く、日ごろから本当に感謝しかありません。元旦競歩などをやってくれている姿をみると本当に感謝感謝です。

 

選手達は、どんな苦難があっても心おらずに頑張ります。この難局をみんなで乗り越えていきましょう!

25日のトレーニング風景をご覧ください。

 

 

 

 

競走部活動再開のお知らせ!

競走部活動、本日より再開。

快晴の気持ちの良い6月20日(土)競走部活動が許可されました。

 

東京での感染者も40人前後で推移、東京から他府県への移動での感染拡大などがあり、大学も全面解禁ではなく、活動計画、対策をしっかり申請しての許可となりました。許可されない部もあると思います。

 

条件付きでの活動解除ですが、今日の天気のように気持ちも晴れやかに視界が一気に広がり新しい世界に踏み出せたような感覚。

今後のスケジュール・目標も少しづつ明確になってきました。

引き続きご指導・ご声援・ご支援よろしくお願いいたします。

*大変申し訳ありませんが、引き続き八幡山グランド・合宿所への部外者の立入りは許可されておりません。

夏季合宿もしっかり出来そうです(受け入れ先に大きな変化がなければ)。

9/11-13日本インカレ 新潟

10/1-3日本選手権 新潟

10/11 出雲駅伝

10/16-18日本選手権リレー 横浜

10/23-25U18U20  広島

11/1全日本大学駅伝 

 

f:id:meijikyousou:20200620160020j:plain

 

 

f:id:meijikyousou:20200620160117j:plain



 

 

競走部活動自粛継続中!&お知らせ!

みなさま

 

大変ご無沙汰しまして申し訳ありません。

競走部は政府の緊急事態宣言解除、東京都のステップ3への緩和後も、部としての活動停止状態は継続中ですが、幸いにもキャンパス内ではない八幡山にグランドがあるので、選手各自が自主練習を行っております。

徐々に帰省していた選手も合宿所に戻って来て活気が出て参りました。

 

部としては、6月19日の他県移動解禁を待って6月27日(土)までに帰省を切り上げて合宿所に戻るように通達しております。

 

秋以降の競技会スケジュールが明確になっておりません、大学側からの全体練習解禁日、競技会への参加の可能性など明確ではありませんが、許される範囲内で徐々に活動再開していきます。

 

お知らせ

M高史君のラジオ番組に競走部スタッフが続けて登場しました。是非聞いてください。

*M高史(駒澤大学陸上部OB主務として箱根黄金期を支える、現在お笑いアスリート芸人)

 

山本佑樹駅伝監督

https://stand.fm/episodes/5ee19cd833ca4e2126703530

 

渡邊高博コーチ

https://stand.fm/episodes/5ecb232b00ec6e9b703afc82

 

園原

https://stand.fm/episodes/5ecf1ff233ca4e826e70038b